入金消し込み業務にはソフト導入が最適!会計ソフトの魅力や特徴

新着情報

会計ソフトとは?

会計ソフトは会社を経営している、個人事業主でも必ずやらなければならない会計業務を効率的に行えるソフトです。基本機能は帳簿・伝票・仕分機能です。簿記知識がなくても会計業務を可能にしているソフトもあります。

会計ソフトの役立つ便利機能ランキング

no.1

NO.1 入出力機能

仕分け入力を始め伝票入力、定期児童仕分け、OCRといった機能が搭載されています。発生したデータに対して適切な入力方法が選べるようになっています。また導入企業の業種・業態に合わせて勘定科目を設定できるようになっています。

no.2

NO.2 データ交換機能

会計ソフトの多くにデータ交換機能がついています。これは汎用ファイル形式のデータ交換が可能で、会計ソフト外からの入出力が簡単にできるようになっています。外貨管理機能も搭載されているなら、伝票入力と同時に外貨入力するといったことも可能です。

no.3

NO.3  集計管理機能

会計ソフトのデータには日次管理機能、月次管理機能といった形で業務を行えるようになっています。入金管理・支払管理といった管理だけでなく、債券・債務把握機能、仕訳帳、元帳を作成するなどの機能もあります。

no.4

NO.4 財務報告書機能

月次管理には借受・仮払消費税算出といった支援機能があり、財務報告書機能が主力になります。年次決算機能により、決算報告書を出力することも可能になっています。出力対象はキャッシュフロー計算書もあります。

no.5

NO.5 高度なセキュリティ機能

会計ソフトにはデーターセキュリティ機能を搭載している製品があります。最近ではクラウド型の会計ソフトも増えているのでセキュリティが重視されています。ユーザーごとのアクセス権限の設定、ジョブ監視、ログ監視を始め、起動履歴監視機能なども用意されています。

[PR]仕事にチャットを導入しよう
手軽に情報共有が可能☆

[PR]ワークフローシステムを会社に導入
使いやすい機能が満載☆

[PR]会計ソフトを導入しよう
システムが黒字経営をサポートしてくれる

[PR]入金消し込み作業の効率をアップさせよう
優良システムを徹底リサーチ☆

入金消し込みソフトや会計ソフトを用いて自動化と効率化を図ろう

オフィス

入金消し込みを効率化できる専用ソフトの特徴

入金消し込みが効率的にできるソフトの多くは銀行講座の入金情報と突合でき、正しい振込情報ができているかどうかを確認してくれます。もちろん手作業で分散されていたデータも自動的にCSVで取り込み自動的に確認することが可能です。またこのような専用ソフトは照合精度を高める学習機能がついていることもあります。請求書データを活用する、入金予定データをCSV形式で取り込むといった作業を経て、銀行や金融機関からの入金管理サービスと提携して消し込むことを行うソフトも登場しています。

会計作業に特化した専用ソフトの特徴

最近では会計ソフトというとクラウド型といったインターネット上のシステムを利用するものが増えています。これは特定の端末だけを利用するタイプのアプリケーションインストール型とは一線を画すものです。大手企業はイントラネット上にSAPなどのカスタマイズ会計システムを導入していますが、多くの中小企業はそこまでインフラに投資できません。そこで支持が集まったのがクラウド型会計ソフトです。会計作業に特化しており、どの場所で使っても端末に関係なく会計ソフトを利用できる形です。

広告募集中