入金消し込みソフトにかかる相場も気になるところ

選び方や導入方法をチェック!入金消し込みソフトについて

無料版と有料版どちらがお得?それぞれの特徴とメリット

無料版の特徴とメリット

無料版は機能限定されているものと有料版と同じ機能を期間限定で試せるものがあります。無料版をそのまま使い続けることも可能なソフトがありますが、機能拡張を期待することが難しい場合があります。

有料版の特徴とメリット

有料版は使用料を払うタイプとアプリケーションをそのまま購入して使う場合があります。いずれも支払いをしているためにサポートが受けられる、拡張機能を無料で付けられるといったメリットがあります。

併せて利用したい会計作業に役立つ機能

会計作業には決まった端末だけにインストールするアプリケーション型とクラウド系の場所や端末を選ばないタイプがあります。最近では後者のソフトが増えてきましたが、ネットバンキング自動仕分けなども自動化されているので非常に便利です。

入金消し込みソフトにかかる相場も気になるところ

男性

入金消し込み専用ソフトの選び方

入金消し込みがすでにパッケージに含まれているなら問題ありませんが、新たに導入するなら入金自動消し込み機能がついている専用ソフトを選びましょう。また消し込み作業だけでなく債務残高管理までカバーしている、未回収金の催促が自動でできる、請求管理が効率的にできるものを選びましょう。

入金消し込み専用ソフトの導入方法

現在別の会計ソフトを使っていても、外部連携できる入金消し込み専用ソフトを導入しましょう。特に複数決済や継続請求、継続課金を行うサービスの方は請求作業や自動課金を導入して別のシステムと連携することが可能になっています。メインの会計システムはそのままに、多彩な決済管理を一元管理して、消し込みを行い会計ソフトにまたデータを戻すことが可能です。

入金消し込み専用ソフトを導入した場合の費用相場

入金消し込み専用ソフトを導入した場合、現在の会計ソフトと連動させないといけないなら、その分の開発費用がかかります。単体で導入するという場合はまれなので、開発費用は会社の規模や使っている会計ソフトにより違います。ただし、月々の使用料という形で請求が発生するクラウド型なら消し込み件数によって金額が変わります。おおよそ20,000円からの費用沿相場となっています。

広告募集中