ソフトを導入して入金消し込みのミスを防止しよう

手作業とソフト導入では入金消し込みの効率が段違い!

手作業とソフト使用では入金消し込みにどんな違いがある?

手作業による入金消し込み

注文件数が増えるほど手作業で行う入金消し込み作業は煩雑になります。特に銀行振り込みなどは振り込みカナが見にくい、顧客番号が付いていない、金額を目視で突合させるといった作業を行う必要があるので人為的ミスが発生しやすい作業です。

会計ソフトによる入金消し込み

会計ソフトなら入金状態をリアルタイムで把握することが可能なので確認の手間がありません。注文単位で入金管理をすることが可能です。また他の決済方法と一元管理することも可能なので圧倒的に作業時間が短縮でき、作業ミスもありません。

入金消し込みを手動で行う危険性

手作業で入金消し込みを行うと、顧客のカナ・顧客ナンバー・金額に至るまですべて目視で確認しなければなりません。仮にどれか不備があった場合はその都度確認作業を行う必要があり、どうしても作業が煩雑になります。入金不足でも同様です。

ソフトを導入して入金消し込みのミスを防止しよう

女性

入金消し込み専用ソフトでミスを防止

入金消し込み専用ソフトなら人為的ミスがありません。決済代行会社に依頼する方法を使うと、定期的に自動で入金確認が行われ、ほぼリアルタイムで入金状況を確認することが可能です。またお客様ごとの仮想口座番号を発行して、注文と入金の突合をしてくれるので自動的で正確に行われます。また銀行振り込み以外のクレジットカードやコンビニ決済にも対応しているので、あらゆる入金状況を統合して確認することが可能です。資金の流れ、資金繰りを把握するには最適です。

入金消し込み以外の便利機能

入金消し込み作業だけでなく、その前後の作業もサポートしてくれるソフトがあります。例えば請求書作成から送付、取引先からの集金や未収金催促といった作業まで完全自動化されているものもあります。これらは請求管理の効率化をフォローしてくれます。一旦情報登録を行うと、繰り返し自動請求を行える機能もあり、定期的に請求を行う事業者には便利な機能です。従来人の手なら2日かかっていた請求作業が3時間程度で終了していしまうので、圧倒的な業務効率化が可能になります。

広告募集中