サポートの良さや自社への適応度で会計ソフトを選ぼう

良いソフトはバックアップが充実している!会計ソフトの魅力

会計ソフトはサポートの充実度で選ぶ

会計ソフトは導入するとサポートが無料になっているもの、有料サービスになっているものの2種類があります。最近では高額会計ソフトであれば年間サポートが付いているものもあります。複雑な場合もあるので会計ソフトはサポートが充実しているものを選びましょう。

サポートの良さや自社への適応度で会計ソフトを選ぼう

パソコン

自社に適した会計ソフトの選び方

ITサービスやレンタル、賃貸、士業、コンサルタントといった自社の事業によっても使いやすい会計ソフトを選んだほうが良い場合があります。例えば大量に継続的な料金を回収する必要がある、業種ごとの特別な料金回収方法があるなら、自社に適した会計ソフトを選ぶべきです。事業の特徴を考えて、カスタマイズできる機能がある会計ソフトを選びましょう。

会計ソフトを導入した場合の費用相場

会計ソフトといってもピンキリです。最近のクラウド型は費用が安いということもあり中小企業でも選ぶケースが増えてきました。一般的なパッケージの会計ソフトなら2万~5万円が相場で、高くても10万円程度で収まります。ただしオプションの有無やサポートの有無などは年間契約をする場合もあるので個別で見積り額が違うこともあります。クラウド型なら安いものなら月額2,000円から始められるものもあります。

会計ソフトは業務成績も左右する

今までエクセルなどで手作業の会計作業を行っていた、入金消し込みも専用ソフトを使っていた場合は人的リソースが相当無題になっています。例えば入金消し込み作業を月末に2人で3日間行った場合、入金消し込み専用ソフトを使うと1日3時間で終了します。その分人材は別の作業を行うことが可能になります。業務成績も左右することになります。

会計作業を効率化するツール

会計作業を効率化するツールがずばり会計ソフトです。従来手作業でエクセルや帳簿を付けていた人は一度考えてみてください。個人事業主でさえ、過去5年の帳簿は残しておく必要があります。記録を残すことだけでなく、過去の実績から現在までを通してみることが可能なので、圧倒的に会計作業が効率化されます。決算時期になった時、会計作業がいかに効率化されたかがよくわかるでしょう。

広告募集中